職業選択の自由

職業を選択するまでの過程。

続・パレプロを語りたい #えるすりー2

来たる2021年9/18〜9/20、大型オンライン配信イベント「Life Like a Live! 2」(通称「えるすりー2」)が開催される。多数のバーチャルアーティストがパフォーマンスを披露するとあって、楽しみにしているVTuberファンの方も多い事だろう。
 
さて、そんな出演陣の中にバーチャルアイドルユニット「Palette Project」(パレプロ)も名を連ねている。昨年3月このブログで彼女たちの紹介と解説をしたが、そこから約1年半、彼女たちを取り巻く状況も大きくアップデートされた。ここで改めてパレプロについて解説したい。
 
Palette Project, 通称「パレプロ」は、MateReal株式会社 (以下「マテリアル社」) が運営する 「バーチャルをもっとリアルで色とりどりに」 をモットーに活動する8人組アイドルプロジェクトである。2018年8月にデビューした「Alt!!」を前身とし、この記事の公開時点で3周年を迎えた歴史がある。ファンネームは「パレクル」。
 
現在パレプロでは「2023年Zepp Divercity Tokyoでの単独ライブ開催」という大きな目標を掲げている。この際にぜひパレプロと各メンバーをフォローしておこう。ところでZepp Divercity Tokyoは閉館してしまうが、会場どうするんだろう
 
メンバー全員の活動としては、上記で紹介した音楽活動のほか、主に毎週火曜日20:00からPalette Project公式チャンネルで配信している生放送企画「パレプロEX」がメインだ。他の曜日も、ほぼ毎日20:00から後ほど説明するユニット別の生配信がある。チャンネル登録しておけば、あなたの毎日が色とりどりになること間違いなし。
 
またFANBOXでは、毎月更新されるリクエストボイスと生写真を筆頭に、ここでしか手に入らないオリジナルグッズが多数販売されている。彼女たちをもっと身近に感じたいなら、ぜひチェックしておこう。
 
次に、パレプロの活動方針として大きな特徴である、3つのユニットについて説明する。

プロジェクト内ユニットについて

パレプロには現在「Altimate!! (アルティメット)」「REGALILIA (レガリリア)」「Sputrip (スプートリップ)」の3つのユニットが存在する。それぞれ音楽・ライブ活動についてはしっかりと個性をつけており、このためバラエティ豊かな音楽活動を展開できている印象だ。またApple MusicやSpotifyなどの音楽サブスクリプションサービスでは「Palette Project」とは別に各ユニット名義で作品を登録してあるため、これらを使っていてパレプロの音楽をお求めの方はぜひユニット名を覚えていただきたい。
 
今のところユニットをまたいだ音楽作品が出ていないレベルには活動方針を分けているが、とはいえ生放送ではメンバー同士仲良く交流する姿が見られる。こういった関係性の良さも非常に尊いところだ。ということでユニットに関しては「メンバーごとの個性と特技を生かすための体制」ぐらいに思っていただければいい。
 
次でようやく、メンバーの紹介をユニット別に書いていく。なお、メンバー紹介に「X期生」と書いているが、これは公式に定義されたものではないことは留意してほしい。ただメンバー・ファン共に認識としては何となく共通なので説明に加えておく。
  • 1期生: Alt!! 創設メンバー (2018年8月)
  • 2期生: Palette Project「研究生」出身メンバー (2019年10月加入)
  • 3期生: V-RIZIN(2019年12月)〜2020年の加入メンバー
また、一部メンバーについては出身都道府県が公開されており、普段のトークで地元ネタがしばしば飛び出す他、地元が共通ということで実現したコラボ企画もある。パレプロを推す上でぜひ覚えておこう。

メンバー紹介

Altimate!!

パレプロの前身である「Alt!!」の名前と共に、数々の名曲と「Vocalodカルチャー」の伝統を受け継いだユニット。現在のところ 40mP がオリジナル楽曲を提供している他、ライブイベントで Alt!! 時代の曲を披露する時はこの Altimete!! が歌っている。

七海ロナ (ナナミ ロナ)

Twitter / YouTube / 1期生 / 福島県
 
パレプロ随一の歌唱力を持つ実力派シンガー。しかしライブMCやフリートークでは驚くほどの毒舌発言が飛び出したりと意外と天然な一面も。またかなりディープなゲーマーであり、夜中のとんでもない時間に突然ゲーム実況配信が始まったりする。イメージカラーは濃い青。
 

藤宮コトハ (フジミヤ コトハ)

Twitter / YouTube / 2期生 / 沖縄県
 
独特のゆったりした雰囲気と確かなダンス・歌唱技術でパフォーマンスをまとめ上げる癒しの存在。個別チャンネルでは歌動画の他、ゲーム実況配信も多数。同じく沖縄出身VTuber根間うい と交流があり、コラボ企画 も存在する。イメージカラーはピンク。
 

神菜コハネ (カミナ コハネ)

Twitter / YouTube / 3期生
 
鋭い目元と鮮やかな金髪が印象的なクールビューティ、印象にたがわず趣味はバイクとサバゲー。しかし歌声は柔らかな印象で朝のあいさつは「やぽぽ〜٩(ˊᗜˋ*)و✧*。」だったりと可愛らしい一面もある。サバゲー繋がりでミリタリーVTuber 彩まよい と交流があり、コラボ企画の実績もある。イメージカラーは黄緑。

REGALILIA

 
ハードロックサウンドを世に送り出すべく結成されたユニット。パレプロ3組の中で唯一、ライブ用衣装のカラーが統一されており、曲調と相まって一際ダークな印象を作っている。

江波キョウカ (エバ キョウカ)

Twitter / YouTube / 3期生 / 広島県
 
頭のもみじは故郷の印、広島が生んだ天然娘。幼く見えるルックスと裏腹に驚くほど力強い歌声と高い歌唱技術の持ち主。個別チャンネルの配信でもしばしば生歌を披露している。出身地が近いGEMS COMANYの 奈日抽ねね (愛媛県出身)と交流がある。イメージカラーは濃いピンク。

鬼多見アユム (キタミ アユム)

Twitter / YouTube / 3期生 / 福岡県
 
藤をあしらった髪飾りとクールな目元が印象的な博多っ子。好きな食べ物はラーメンよりもうどん。音域の低い独特な声の持ち主で、歌になると非常に力強いパフォーマンスを披露してくれる。またメンバーの声真似が異様にうまく、声帯が器用なのかもしれない。イメージカラーは紫。

Sputrip

 
日本が生んだ世界に誇る音楽カルチャー「シティポップ」の伝統を受け継ぐべく結成されたユニット。どこか懐かしい雰囲気のあるオリジナル曲の他、往年の70’s〜80’sシティポップのカバー作品もリリースしている。

暁月クララ (アカツキ クララ)

Twitter / YouTube / 1期生 / 愛知県
 
「脳内メリーゴーランド担当」という謎の肩書きだが、雑談配信を見ていただければ癒されすぎて脳が溶けるような感覚が分かるはず。しかし、メンバーにつらい出来事があった際には率先してフォローに回るリーダーシップも持ち合わせる。プリンへの愛と地元名古屋への愛が強すぎて話題が偏りがち。好きなプリンはプリン(?)。ライブでは高い声域を活かした可愛らしい歌声が魅力。イメージカラーはオレンジ。

常盤 カナメ (トキワ カナメ)

Twitter / YouTube / 2期生
 
幼い頃から読書で身につけた頭脳はパレプロ随一。頭の回転が速すぎるのか、トークは早口になりがち。歌声は少しかすれたような儚い印象が魅力。GEMS COMPANYの 一文字マヤ と非常に仲が良く、かなりの長期(2020/05/31〜)に渡って共同でのゲーム実況(Overcooked)配信企画を継続中の他、オフコラボの実績もあり。イメージカラーは緑。

香鳴 ハノン (カナル ハノン)

Twitter / YouTube / 3期生
 
パレプロメンバーの中では今のところ最も若手。しかし早くもパレプロ個別チャンネルの中でYouTubeチャンネル登録者数トップに躍り出る(2021/09/03時点で7330人)など活動は非常に活発。毎日ほぼ欠かさず配信しており、外国語学習企画の効果もあって海外からの視聴者も多い。トークも歌声も高い音域の持ち主で、Sputripの心地よいサウンドとよくマッチしている。イメージカラーは白もしくは淡い青。

スタッフ

また、パレプロを支える2人の男たちについても説明しておこう。どちらもメンバーのトークで話題に上がるので、ぜひ把握しておくべし。

社長

Palette Projectを運営するマテリアル社の社長。裏方ながら配信にも出演しており、「パレプロEX」では犬をモチーフにしたアバターを使い関西弁を話す。メンバーにはしょっちゅう焼肉をたかられたり、誕生日配信に予定がないのに引っ張り出されたりといじられ気味。しかしビジネス的に厳しい状況も多々あった中でパレプロが今まで存続できているのは、間違いなく彼の仕事のおかげである。

佐藤P

Palette Projectのプロデューサー。社長と異なり配信には出演しないが、メンバーがしばしば言及する。またパレプロ公式Twitterアカウントへの投稿は彼が行っている。縁の下の力持ち。

卒業メンバー

以上8名の個性豊かなメンバーと、それを支えるスタッフの皆さんを紹介してきた。
 
… OK, 言いたいことは分かる。「あの子も紹介しろよ」だろう。残念ながらパレプロには、それぞれの事情でチームを卒業していった元メンバーが存在する。これもまたパレプロを語る上で欠かせないことなので、ここで紹介しておこう。

遠坂ユラ

Twitter / YouTube / 1期生
 
Alt!! 時代からチームを牽引してきた功労者。非常に高い歌唱力を持ち、よく通る歌声はユニットの中でも一際存在感を放つ。美しいルックス、好物はパンケーキ、お酒も多少嗜むみんなのお姉さん。しかしホラー・スプラッター好きを公言しており、「主人公が酷い目に遭えば遭うほど楽しい」という、なかなか強烈な個性の持ち主でもある。ユニットとしてはREGALILIAに所属していた。
 
卒業配信で、卒業後も引き続きマテリアル社が技術面・運営面で協力し音楽活動を継続することも併せて発表、ファンを安堵させた。2021年4月17日に復帰配信を実施し、ソロプロジェクトとして改めてスタートを切った。その後は体調も戻ったのか、配信や動画投稿など活発に活動している。

雨ヶ崎笑虹

www.youtube.com

Twitter / YouTube / 3期生
 
走り出したら止まらない自称「暴走チョロQ」。歌もダンスも全力投球、どんな困難にも突っ込んでいくチャレンジャー。そしてそのチャレンジ精神でテレビ番組(お天気キャスター)やイベント出演など数々の実績を勝ち取ってきたバイタリティの塊。もともとAVATAR2.0プロジェクト1期生としてVTuberデビューし、そこでの活動中にパレプロの新メンバーオーディションを受験、合格を勝ち取り「移籍」したという他に例を見ない経緯を持つ。
 
卒業後は前の箱に出戻ることもなく、個人運営として現在も活動を継続中。直近では2021年10月に開催予定の「Tokyo Idol Fes (TIF)」関連の配信イベント「バーチャルTIF 2021」に出演が決まっている。「アイドルになる」という彼女の夢は現在進行形だ。
 
この通り、卒業メンバーは現在も活動継続中、そう活動継続中である。大事なことなので2度言いましたよ。

パレプロの歩み Part 2

さて先述の通り、このブログでは以前にもパレプロの紹介記事を公開したことがある。
 
 
前回の記事を書いたのは2020年3月であった。それまでのパレプロ (Alt!!) にはこんなトピックがあった。
  • Alt!! (暁月クララ・七海ロナ・遠坂ユラ) デビュー
  • オリジナル曲リリース
  • 2回のワンマンライブ / 対バンライブ (TUBEOUT! vol.2) 出演
  • 新メンバー (藤宮コトハ・常盤カナメ・白銀ヘレナ) 加入
  • Alt!! から Palette Project へ改称
  • 白銀ヘレナ脱退
  • ライブイベント「V-RIZIN」出演
  • 雨ヶ崎笑虹・神菜コハネ・江波キョウカ加入
この後、パレプロはまたも激動の2020年〜2021年を駆け抜ける。よりパレプロへの理解を深めるため、経緯を追っておこう。

Altimate!! デビュー

やや時系列が前後するが、まずは2020年3月の Altimete!! お披露目ライブから紹介する。
 
もともとこの時点で、パレプロは3組の内部ユニットを結成することは公開されていた。その3組の中で一番最初にお披露目されたのがこの Altimete!! である。前身である Alt!! の系譜を最も色濃く受け継ぐユニットとして、REALITYで行われたお披露目ライブでは Alti!! の曲をパフォーマンスした。また、この場が実質的に神菜コハネの歌声初披露でもあった。始まるまでの不安はどこへやら、そこにいたのは間違いなく本物のアイドルであった。
 
そして40mPプロデュースの新曲「Re:Myself」を披露。印象的なイントロから始まる、明るくも壮大なチャレンジ精神に満ちた曲は、これからのパレプロの活躍を期待させるに充分であった。こうして Altimate!! 初披露ライブは無事に幕を下ろしたのであった。

REGALILIA デビュー

2020年は2月4日に江波キョウカ、6月9日に鬼多見アユムと、新加入メンバーが続々と発表された。偶然か否か、2人とも「地元愛が強い」という共通点があり、個性的な声も相まってパレプロにまたも新しい風を通してくれる予感があった。
 
そんな中、ハードロック系ユニット「REGALILIA」のデビューが2020年6月27日に決定。お披露目ライブでは鬼多見アユムの加入がサプライズ発表された。今までのアイドルポップ路線とは一線を画す本格ハードロックサウンドは、またひとつパレプロの新たな表情を見せてくれた。

雨ヶ崎笑虹、卒業

新メンバーの加入に新曲・新ユニットの発表と、積極的に活動していたパレプロの2020年。しかしこの年、世界的に情勢が激変し、人と人との接触や集会が極端に避けられるようになってしまった。音楽関係者には特に影響が大きく、それはパレプロも例外ではなかったはずだ。
 
アイドルとして思うような活動ができない中、またもパレプロに困難な事態が訪れる。メンバーの雨ヶ崎笑虹が卒業の意向を発表、7月28日の配信が最後のあいさつとなった。アイドルとしての自身のスキル不足を痛感し、グループではなく自分のペースで活動を続けたい、とのことだった。メンバーの涙から彼女の愛され具合が分かる。お疲れ様でした。

香鳴ハノン加入とSputripデビュー

2020年8月18日の配信「パレプロEX」は、事前に「重大発表」と予告されていた。配信当日、前半はいつも通り進行したが、終盤になって新メンバー「香鳴ハノン」の加入、さらに最後までデビューが温存されていたユニット「Sputrip」に所属することが発表された。久々のうれしいお知らせである。
 
9/5にはSputripのお披露目ライブをREALITYで開催、新衣装とユニットの歌声が披露された。可愛らしさが印象的な歌とダンス、懐かしい雰囲気の新曲に往年の名曲のカバーと、また新しいパレプロの可能性を見せてくれるステージであった。

イベント積極出演

3つのユニットが出揃い、本格的に新体制のスタートを切ったパレプロ。ここから続々とオンライン中心にイベント出演の実績を積み上げていく。
 
2020年9月20〜22日には大型配信イベント「Life Like a Live!」(「えるすりー」)に出演。3組それぞれとパレプロ、さらに全体でパフォーマンスを披露、また「定期公演」の実施も合わせて発表された。間髪入れずに10月3〜4日の「バーチャルTIF 2020」にも出演。世界情勢がまだ安定しない中での奮闘であった。
 
その後、1ヶ月に1回前後のペースでユニット別の定期公演をTwitCasting上で実施。さらに11月23日には、VTuberユニット「ZERO Project」主催の有観客ライブ「ぜろふぇす2020」に Altimate!! がゲスト出演、秋葉原エンタスでパフォーマンスを披露した。ユニットとして初の有観客ライブ実施であった。

遠坂ユラ、卒業

安定した活動を見せていたパレプロだったが、ここでまた受難の時となる。12月中旬ごろから遠坂ユラが体調不良のため活動を休止。実は彼女、詳しく公表されていないが持病があり、デビュー当初から療養のための活動休止を挟むことが多かった。
 
しばらくパレプロは残る8人で回していたが、2021年3月16日、復帰することのないまま遠坂ユラの卒業が発表された。彼女としても思うところがあったようで、グループとしての活動継続は困難という結論になったようだ。なお、卒業後の活動については前述の通り。今は元気なので安心して欲しい。

2021年

新年を迎え、さらに勢いづくパレプロ!…ということが昨年以上にやりづらい世の中だったことは、皆さんご存知の通り。しかし目立ったトピックこそなかったものの、配信活動と定期ライブは継続しており、メンバー個別チャンネルも個人差こそあれ積極的だ。何よりネガティブなトピックもなく安定した活動ができていたのは、メンバー・スタッフの皆さんの努力には頭が下がる思いだ。
 
ということで、9月の #えるすりー2 は久々に大きなトピックとなる。全てのメンバー・ユニットが1年以上の経験値を積み上げた今、どんなパフォーマンスを見せてくれるか注目だ。

おわりに

筆者がなぜパレプロを推しているか。それはひとえに実力に評価が追いついていないもどかしさからだ。もともとVocaloidカルチャーに浸かった身としては、パレプロ/ Alt!! のオリジナルソング作曲人に名を連ねる40mP (Hello My Stage, 他), R Sound Design (君がいるから), OSTER Project (Dramatic Parade) などといった作曲家陣はとんでもない豪華メンバーだ。そして音楽に負けないぐらい歌声もダンスも魅力的なメンバーあり、美しいビジュアルの完成度あり、また既にワンマンライブを2回実施している実力もあり。正直なところ、アイドルとしての魅力はVTuberトップクラスだと思っている。
 
だからこそ、あとは数字と実績が伸びて欲しい。まだまだこんなもんじゃない、2大事務所にタメ張れるぐらいの実力と実績はあるはずだと思っている。いつかパレプロがリアルとバーチャルの垣根を超えて活躍し、ライブハウスを満員にするその日まで、しっかりと見守り応援したいところだ。