読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職業選択の自由

職業を選択するまでの過程。

大江戸Ruby会議06に行ってきました

先週末、3月18日〜20日は春分の日を含む3連休であった。天候にも恵まれたため外出したという方も多かったことだろう。自分はというと、月曜祝日に 大江戸Ruby会議06 に参加した。Rubyエンジニアとして非常に知見を深めることができたので、ここで感想など書いていく。(最初の「Ninja talks」は諸事情により参加しませんでした…) 内容自体は多分スライドが上がると思うのであまり深くまでは踏み込まない。

各セッションの感想

招待公演: Ruby考古学 (石塚圭樹氏)

Matz氏と並びRubyごく初期の開発メンバーである石塚氏が、当時のメールやコミットログからRubyの成長過程を紹介した。これ多分 他では絶対聞けない 。今回紹介されたログで一番古いものは1992年まで遡る。さらに “Ruby” 以外の名前の候補 “Oyster”, “Coral” なども紹介された (海を連想するのはPerl「真珠」を意識?) 。 めっちゃ貴重 。ここまで遡ると「新しい言語を作る」という意気込みが一番強く感じられ、どういうことかというと他の言語を 名指しで批判 していた(PerlC++など)。普段当たり前に使っているプログラミング言語も、感情を持った人間が開発したものだと当然のことを改めて認識できた。

また、開発にかかった時間が実感できたのも大きい。Rubyの誕生日はその名前が決まった1993年2月23日とされている。この後順次機能が実装されていくが、その日付も紹介されていた。メソッド呼び出しのカッコを省略できるようになったのは1994/10/13, ブロック呼び出し構文として do ... end が実装されたのは1996年、といった具合だ。正直、今までRubyはMatzという1人の天才から羽ばたくように生まれてきたイメージを持っていたが、実際は全くそんなことはなくて、多くの人が何年も地道な改善を続けてきた結果だと考えを正すことができた。世の中そんな順調なシステムなどない。

ちなみに以下のツイートが若干バズった。というかMatz氏本人にRTされた。

フルタイムコミッター対戦

企業に所属しながら勤務としてRuby言語自体の開発に携わる「フルタイムコミッター」。今回は4名を招待して対戦する企画である。えっ、 「対戦」? …と思っていたら、始まったのはまさかの クイズ大会 である。この4名にはあらかじめ企画の趣旨を伝えてあり、Rubyのコミットに関するクイズを数問用意してあった。当日は1人が出題して他の3人が回答し、正解数の多い人が優勝。 マニアック すぎて面白かったので抜粋して紹介する。ちなみにこのセッションだけスライドが存在しないので記録を多くした。

Q1 RubyではGCの設定を環境変数として渡すことができる。この変数の種類はいくつか。

いきなりレベル高いよ!! そもそもGCの設定を環境変数として渡す機能自体初めて知った(こうするらしい。これが全てではない)。正解は 14種類 とのこと。

Q2 Ruby Issue Tracking Systemに登録されているissueは現在13000を超えているが、記念すべきfeature 10000は?

正解はこれ (ブログなので検索もできるしWebサイトへのリンクそのものを貼れるのは便利なところ) 。内容は浮動小数点数の精度をhashで渡そうというもの。これで 正解者がいる んだから恐ろしい。

Q3 Ruby 2.4.0 の文法で非終端記号はいくつ存在するか。

どこかのソースコードで定義されているようで、出題者は「grepして数えた」と述べていた。正解は 166 らしいが、さすがにピッタリ当てられた人はいなかったので一番近い「200くらい」と答えた人が正解になった。

Q4 今から10年前、2007年には12回のコミットがあり、うち9回はこの会場にいる人による。残り3回は同一人物だが、その人は?

驚くことに初球打ち正解がでた。Matzその人である。ていうか呼び方、「さん」もない「まっつ」なのね。内容は「スレッド周りだったはず」とのこと。

Q5 Rubyを構成するファイルのうち、最もコミット回数が多いのは version.h (※コミットの度に必ず更新されるため) だが、2番目は?

これは単純に興味があったがなかなか正解が出なかった。string.c, array.c などいかにも多そうなファイルが出るも及ばず。正解は io.c であった。なるほど、ファイル入出力か…

Q6 組み込みモジュール Math で一番最近追加されたメソッドは?

確か出題者本人の得意分野だった気がする。正解は3乗根を求める cbrt とのこと。もう「分かるか!」なんて思わなくなっている。

Q7 Rubyリポジトリの中で .rb ファイルはいくつあるか?

Rubyの処理系はC言語で書かれた部分とRubyの部分があり、そのうちRubyスクリプトファイルの数が出題された。ちなみにこれには出題者からヒントがあり、 素数 。会場は多いに沸いたのであった。正解は 2383 で、「さっき思いついて .prime? してみたら true だった」(出題者)。全然当たらないので最後の方は2分探索になっていた。

他にも出題があり、1時間くらいあったが全く飽きることがなかった。

Ninja talks

Rubyプロダクトに関わって活躍している方「Ninja」による1人あたり約30分のセッション。この日は6人のセッションを聴講し、どれも非常に濃い内容だった。一部感想と共に内容を紹介したい。

esaRubyistと私 (赤塚妙子氏)

弊社でも利用している esa.io の共同創業者である赤塚氏が、自身のデザイナーという視点からRubyコミュニティについて述べた。この中で「デザインの役割とは方向性を示すこと」という話が興味深かった。

話が若干飛ぶが、イベント終了後の懇親会で、赤塚氏も含め何人かと会話した。その中でRuby界隈でよくある、「コミッターがスターになる」「新機能の取り入れに積極的」などの特徴がなぜ生じるのか議論した。すなわち、Ruby自体のデザイン、つまり方向性がそうなっている。新機能はどんどん追加するし後方互換性も結構捨てる。だから「新しいもの好き」が集まってくる。

赤塚氏はMatz氏を「デザイナー」と呼んでいた。プログラミング言語には当然利用者がいる。プログラミング言語をデザインするとは、すなわちその言語の利用者、さらにその利用者のコミュニティまでデザインすることである。これを本人は 無名の質 という考えを引用して紹介していた。

Ruby 2.4 Internals (笹田耕一氏)

クックパッド社でフルタイムコミッターとして活躍する笹田氏のセッション。これこそRubyカンファレンスの醍醐味である。Rubyの内部実装に触れるのは非常に刺激的だ。実装だけでなくテストやベンチマークの話もあった。Ruby2.4.0のリリースとして「 lambda が速くなった」があるが、このベンチマークとして使用されたのが 「lambdaだけでFizzBuzz という尋常でないプログラムである。作者に「初めて役に立ったよ」と感謝したんだとか。

これとは別にRubyのコミットに関するセッションがあり、共通して感じたのが品質への意識である。まず課題を発見し、実装はもちろんあらゆるテストやベンチマークを実施し、報告書も提出する。バグを埋め込んだとしても発見者に感謝する。単なる「利用者」「お客さん」に収まらず共に作り上げていく、OSS開発の魅力に触れることができた。

おわりに

非常にボリュームのあるイベントだったので全ては紹介しきれないが、印象に残った部分をなるべく伝えたつもりである。参加者も全体で200人くらいいたはず。多くの人と関わるということはそれ自体勉強になることであり、それらが強力なバックグラウンドのある人であればなおさらである。カンファレンスへの参加、今後も続けていきたい。目標は9月にあるRuby Kaigiだ。